冬の乾燥にマスク生活の追い打ち

私は小さい頃アトピーだったのもあり、敏感肌と乾燥肌に悩まされています。アトピーの症状はもうほとんど治まったのですが、慢性的な乾燥肌にはいまだに四苦八苦しています。例年であれば、大気の水分量が減る冬を乗り越えれば春や夏は安心だったのですが、今年は外出をする時にずっとマスクをしているということで、常にマスクの繊維が肌に擦れて乾燥するうえにダメージがいってしまいます。

http://ccv9.com/

そこで普段の保湿だけでは足りないのだということに気が付き、お風呂あがりにタオルで拭く前に乳液、拭いたあとも化粧水の上から美容液を塗って、朝は病院で処方された保湿剤をたっぷりと使うようしました。

ただそれでも肌にずっと繊維が触れていることは肌にとって大きな負担となるうえに気持ち的なストレスにも繋がるため、人のいない化粧室などに入ったときにさりげなくマスクを少しだけ外すようにしています。

マスク生活は肌トラブルにつながるのは確かなのですが、それと同時にメイクを少しだけ手抜きにしていいという利点があります。それはメイク時間の短縮などだけでなく、例えばファンデを薄塗りにしたりすることで肌への負担を減らすことにも繋がります。なので長所も短所もあるマスク生活と上手に付き合っていければなと思います。