ほうれい線は自力で治せるのか

現在35歳の男ですが、ほうれい線が20代半ばから徐々にでき始めてきました。
もともと太り気味の体系だったのですが、高校卒業頃からダイエットをはじめ、高校時代から-10キロ減量する事に成功。
ただ、その代償としてほうれい線がその頃から出始めてきました。

完全レビュー!MELLIFE(メリフ)が届いた様子から効果や解約方法までをご紹介!

色々調べてみるとほうれい線ができる原因はいくつかあるようで
①急激に痩せた場合
②元々の骨格
③年齢

自分の場合は①・②が原因であると考えられました。①は前述で記載した通りですが、問題は②です。
ほうれい線の上の方の土台の骨は、元々ある程度のくぼみが誰にでもありますが、
自分の顔はそのくぼみが深い骨格のタイプなので、ほうれい線の上の方のくぼみが出やすいとされているようです。

ここまで読んだらもう仕方ないじゃないかと思われるかもしれませんが、僕は自力でほうれい線を目立たなくするように日々葛藤しています。
過去は毎年ヒアルロン酸を注入していましたが、最近は美容外科に行けていないのが現状なので、以下方法を実践しています。
蒸しタオルを顏に当てて血流をよくする。その後、ほうれい線に沿って指や手のひらを当ててプッシュする。

これにより、ほうれい線の真下にある顔面動脈全体を刺激して血流を促し、くすみが取れる。
また、ほうれい線と密接に関わっている表情筋・口輪筋を鍛える。まず、口いっぱいに空気を含む。

そして、その空気を上や下、左右にコロコロと動かしてみる。鏡を見ながら、空気によってきちんとほうれい線がなくなっているかを確認しながら体操しつつ、
口をおの形にして前に出して尖らせる運動も試しています。
あいうえお体操も毎日実践しているので、顔痩せも狙ってます。なんとなくですが、ほうれい線が目立たなくなってきた気がしてます。