すきま時間にできるたるみケア

たるみやほうれい線が気になりだした時、現状で効果を実感しやすいのが医療ハイフなのですが、金銭面でなかなか継続できない!

そこでおすすめなのがおうち時間を利用しての「ながらケア」なのですが、たるみに関して言えば表情筋トレ一択!

http://guesthouse-miwa.com/

日常生活の中で顔の表情筋はほとんど使われることがないと言われています。

さらにテレワーク化が進み、誰とも会わずに会議などもない場合は自ずと無表情で過ごす時間が増してしまう一方です。

お風呂に浸かりながら・シャンプーをしながら・ドライヤーで髪を乾かしながら、大きく口を開けて「あ・い・う・え・お」と発声します(声は出さなくても大きく口を動かすことでOK)

特にお勧めしたいのがトイレに入っている時間です。

家族と同居している方でも唯一「完全にひとりになれる空間」なので、思いっきり変顔をしながら表情筋トレが可能です。

継続することでフェイスラインがシャープになり、ほうれい線が薄く短くなったことを実感します。

その他、顔を動かし筋肉をほぐすことで顔全体にじんわり温かみを感じます。

血流がよくなることで、顔全体のくすみが解消。肌のトーンアップにも繋がるのです。

日常の無意識に過ごす時間を少しだけ意識することでできるたるみケア。ぜひお試しください。