脱!イチゴ鼻!毛穴レスな美鼻を手に入れよう

思春期で気になり始める人が多いお鼻の毛穴。大人になってもファンデーションやコンシーラーで隠さないといけないくらい、黒ずみが気になりますよね。
しかもお化粧を厚塗りすればするほど肌ダメージを受けて更にイチゴ鼻が悪化すると言う悲しい負のループに陥りがちです。
そんな私がアラサーになって出会ったイチゴ鼻の撃退方法をお伝えします。日常に取り入れられるものなので、ぜひできることから始めて一緒に毛穴レスな美しい鼻を手に入れましょう!

【脱!イチゴ鼻!毛穴レスな美鼻を手に入れよう】
まず日常のスキンケアから改善していくことをお勧めします。鼻の黒ずみが気になり始めると、無理やり拡散を押し出したりシールタイプの鼻パックを使ってベリっと角栓を剥がしたりしがち。
でもそれでは逆効果です。
まずは優しく肌をケアするところから始めましょう。千里の道も一歩から。
鼻の黒ずみをなくすには、地道な努力が必要です。

シロジャムがもたらす効用

1.メイク落としの前の一手間
まずお化粧をいきなり落とすのではなく、一手間加えるところから始めます。
用意するのはホットタオル。大きいフェイスタオルを使うと後々面倒なので、シンプルにハンカチでOKです。
ハンカチを濡らし、軽く絞ります。ギューっと硬く絞りすぎるとホカホカのホットタオルができないので、控えめに。
次にこの濡れたハンカチをお皿に乗せてレンジでチン!2、3分がベストです。
すぐにホットタオルが出来上がるので、そのままお風呂にいきましょう。

可能であれば湯船に浸かりながら、先程のホットタオルを鼻から1cm程離し蒸気を顔全体に当てます。
よく鼻にべちゃっとタオルをつける方がいるのですが、毛穴を開かせるために少し離した方が良いです。
5分ほど鼻の前にタオルをかざし、ゆっくりと毛穴を開いて行きます。

2.最重要なメイク落とし
メイク落としは1500円以上のものがベター。安すぎる製品は肌に悪い成分が含まれている場合もありますので要注意です。
先程タオルで毛穴を開いたので、今度はゆっくりメイクを落として行きます。顔に触れる前に手をしっかり洗い清潔な状態にしましょう。
メイクを落とすときもごしごしと力任せにこするのではなく、クルクルと縁を描くように。また肌にあまり強く触りすぎないように気を付けましょう。

3.洗顔
メイクは最低でも30回、ぬるま湯で洗い流します。ここでしっかり洗い流せていないと逆に肌トラブルが悪化するので注意が必要。ぬるま湯でメイクを落としたら、同様の手順で洗顔します。
ポイントは強く肌を擦りすぎないこと。徹底しましょう。

4.速攻スキンケア
顔を洗った後、長時間お肌を放置するかたがいらっしゃいますがお肌は1秒ごとに急速に水分を失います。洗顔が終わったらすぐに保湿をしましょう。
化粧水はたっぷり3回に分けて塗り込みます。
パンパンと頬を叩くのではなく、ぎゅっとお肌に押し込むイメージで。
上から乳液を塗ったら完成です。

美容は一日にしてならず。

最初の1.2ヶ月はまったく変わり映えがしない場合もあります。ですが焦らないでください。ここで角質除去に走るとまたゼロからのスタートです。
焦らずじっくり丁寧なスキンケアを継続することが、イチゴ鼻撃退の最短ルートです。