かつてはニキビ。今では毛穴悩みが深刻です。

思春期の頃、私の顔面は常ににきびだらけでした。洗顔をサボっているとか、油っぽいものばかり食べているといったこともないし、部活で日常的に運動していたのに、次から次へとにきびができて、痛いから触って潰してしまい、また新しいのができて…の繰り返し。http://www.harewoodfair.com/

大学生になるとずいぶん落ち着いたものの、ニキビに悩まされることがなくなったのは、社会人になり、低用量ピルを飲み始めた頃でした。

肌荒れの主な原因がホルモンバランスの乱れだったのか、ピルを飲み始めると、あんなに不安定だったお肌の調子が急に良くなったんです。スキンケアを特に変えたわけでも無いのに、お肌はつるつる、すべすべ。とても感動しました。ニキビができないって、こんなに快適なんだ!もうデコボコしてない!赤くならない!汚くない!

それまでずっと悩んでいた肌悩みが解決した!と思いました。でも、喜びも束の間、新たな問題に気づいたのです。そう、それは毛穴問題でした。

長年ニキビを繰り返し、しかも頻繁に潰してしまった私の顔面の毛穴は、大きく広がり、クレーターのようになってしまった箇所も多くありました。

ファンデを塗っても、毛穴落ちして綺麗に見えず、隠そうとすれば厚塗りになる…。毛穴用の下地も使いましたが、毛穴にシリコンを埋め込んでいる感じがどうしても好きになれません。

それまで、ニキビがなければ全部解決すると思っていたのに、新たな悩みに困り果ててしまいました。

ニキビには、ピルというある意味チート級の処置がよく効いたわけですが、毛穴悩みはそうはいきません。皮脂が多いのかと闇雲に洗っても、さらに乾燥して毛穴が開くばかり。

これではダメだ…!と一念発起し、毛穴ケアというものについて勉強しました。その結果わかったのは、とにかく保湿と、クレンジングが大切であるということ。

きちんと落として、たっぷり保湿。結局、それが一番シンプルで効果があるということのようです。

そうは言っても、毎日毎日マメにスキンケアをできるほど几帳面な性格でもなく、サボってしまうこともしばしば。残念ながら、現在も私の顔面の毛穴は元気に開いています。

でも、昔に比べれば、クレーター毛穴は浅くなってきたし、Tゾーン以外の毛穴は気にならなくなってきました。

今は、少し前に流行った、ドラッグストアで購入できるジェル状の洗顔料が気になっています。