10代の頃から続くニキビの悩み

10代の頃からニキビに悩んでいました。ニキビに効くと言われる薬(塗り薬、ビタミン剤や漢方薬)を試しましたが治りませんでした。

アスハダの最安値通販は?購入して使用した効果と口コミ体験談!

治っても再びニキビができてしまうのです!それは20歳過ぎてからも続きました。特にひどくなるのは生理前です。ホルモンバランスが悪いのかなと思い、皮膚科で薬も処方してもらいましたが良くなりませんでした。

10代の頃は顔全体にニキビができましたが、30代くらいになると顎によく吹き出物(ニキビ)ができました。

しかもその吹き出物(ニキビ)は赤く腫れ上がりなかなか治りません。腫れあがったところが膿んでかさぶたとして剥がれ落ちるまで治らないのです!たまに膿んだところを自分で潰して、膿を出してしまうこともありました。その方が早く治るからです。しかし、悩み続けていたニキビ(吹き出物)にも終焉が訪れました。40代を過ぎた頃になると吹き出物が出来なくなったのです。

10代の頃はビタミンCが入った化粧品やピーリングなどはありませんでした。その頃、ビタミンC入りの化粧水を塗ったり、たまにピーリングをしました。そうしたら、今までの苦労が嘘のように吹き出物が出来にくくなったのです。今は洗顔後に化粧水と乳液を塗り、たまに馬油で肌をマッサージしていますが、肌の調子はとてもいいです。

ニキビ肌改善方法のスキンケア法を詳しく

まず私は中学生時代から非常にニキビに悩まされてきました。長い間をかけてスキンケアを改善することによって、肌がどんどん健やかになり、傍目からはひどいニキビに悩まされていたとはわからないとも言われるまで改善しました。

今回はそんな私のスキンケア方法をご紹介していきたいと思います。まず洗顔ですねこちらは必要以上に皮脂を取りすぎないのがポイントです。以前はニキビの原因の皮脂となる部分を取り去るべく、必要以上に洗顔し逆に肌が渇くような状態を作ってしまいそれもニキビの原因となりました。

そしてスクラブ洗顔などを使っていた時期などもありましたが、このスクラブ洗顔と言うものはあまりお勧めしません。なぜなら必要以上に肌に刺激を与えることで、かえってニキビが悪化する可能性があるからです。ニキビ肌の方にとっては、スクラブ等の入っていない泡洗顔をお勧めします。

泡洗顔ですがもともと泡で出てくるタイプと泡立てて使うタイプとが売っているかと思いますが、私は泡で出てくるポンプタイプを今扱っています。そしてなるべく優しく顔全体にのばしくるくるとした後は、できることなら水で何度も何度も流します。顔に泡が残らないようにきちんとすすぎますこの時顔に泡が残るようにしてしまうとやはりこれもニキビとなってしまうからです。

洗顔が終われば保湿しっかりと行うことです。これはどんな化粧水でも良いのですが、収斂化粧水などはお勧めしません。保湿する化粧水をできるだけ水に近いさらっとした液のようなタイプのものを何度も何度も肌に入れ込むと良いでしょう。そして最後は乳液クリームなどでしっかりと蓋をすることです。つけすぎにはくれぐれも注意してください。水分量を多く保つことで、ニキビ肌が改善されることが多いです。ぜひ、以上のようなことを注意してスキンケアをしてみて下さい。

肌のために紫外線はカードすべきではありますが

肌を紫外線から守るというのはとても良いことなので、基本的にはそうした方が良いというのは間違いないわけです。どのようにやるのかということがやはり問題になるでしょう。やり方としては服を着るだけでも違います。それだけでも結構な対策になります。

つまりが肌を太陽に直接さらさないようにするというだけでも結構違いが出てくるのです。まずはそういうことからやってみると良いでしょう。肌のためには基本的に紫外線はあまり見ないようにした方が良いというのは間違いないのです。

しかしながら、太陽光からビタミンDを人間は作り出しているので、全く太陽の光を浴びないようにするとか紫外線を当たらないようにするというのは実は体にはあんまりよろしくないことでもあります。紫外線というのは基本的にシミやそばかすを作る原因になってしまうということになりますので避けた方が良いのですが健康的な面から見ると少しは浴びるようにした方が良いということになるでしょう。

紫外線ガードは基本的にお勧めできるわけですが、ある程度は浴びるようにする、ということにしてそのバランスをしっかりと考えるようにしましょう。

それがまさに、肌のためになることなのです。

気になってきた肌のたるみ

30代も後半にさしかかり、肌のたるみが気になってきました。

今までは皮膚のトラブルも少なく、年齢よりも下に見られる顔立ちのため、

30代に入っても世間でいうほどの衰えを感じることがありませんでした。

しかしここ最近、毎日鏡で眺めるたびに顔のたるみが気になってしまいます。

さらにたるみが気になってきたことをきっかけに、よく観察してみると、ほうれい線も薄っすらと出てきているようです。

美容整形はしたくないので、なんとか化粧品やエステ、レーザーなどで肌を底上げして若返らせたいと思います。

私はスキンケアも適当で、プチプラの物を使っていましたし、マッサージなどもやったことがなかったのですが、

色々なサイトやブログを読みあさり、情報収集していて気付いたことがあります。

当然のことかも知れませんが、きれいな人は皆努力しているのだということです。

今さらながら、化粧水や美容液も高価なものに変えようと思いましたし、

若さを保つためにはある程度の出費は投資と覚悟して、さらに努力も必要だと自分に」言い聞かせています。

まずは色々なスキンケア製品を試してみて、肌に合うものを見つけてみたいと思います。

簡単にできるリンパマッサージやカッサを使ったマッサージを初めて見ようと思います。

アラサーのお肌の悩み

お肌の曲がり角は25才とはよく聞きますが、

本当にアラサーを迎えると一気にお肌のトラブルが増えます。

10代?20代前半までは、夏になると海に街に日焼けをなんともせず外出したものです。

小麦肌が健康的に思えて、日焼け対策も大してせずそれでも若さで何もトラブルを感じず過ごしていました。

しかし、その反動が一気にアラサーを迎えるとくるのです・・・。

鏡を見るたびに、シミやソバカスが毎日増えている気がします。

このままではいけない!と危機感をようやく持ち、日焼け止めや美白化粧品を使い始めましたが

なかなかすぐには改善しないのが正直なところです。

しかし、このまま何もせずに過ごしてしまっては1年後、5年後、10年後の未来の自分のお肌が心配です。

今できることを日々続けていくことがアラサーの私には大事だと考えています。

具体的にアラサーの私が心掛けていることは、基本的なことのみです。

若い頃の私はズボラ女子(今も変わらずですが)だったため、その基本さえ疎かにしていました。

外出時は基本的には肌を覆う羽織り物を持参、口コミ人気の高い日焼け止めを塗ります。

そして帰宅後はきちんと日焼け止めを落とし、一にも二にもとにかく保湿!を心掛けています。

シミやソバカスも悩みですが、乾燥はお肌のトラブル原因第一位ですのでとにかく保湿は欠かさないことです。

未来の自分のお肌が綺麗であることを信じ今日もケアを続けます。