1本1本丁寧に毛抜きで抜いていた脇毛

脇毛が生え始めた頃から、カミソリで簡単に処理を済ませていた学生時代でしたが、大学生になると当然私服で通学するようになり、カミソリの剃り跡や剃り残しがとても気になるようになりました。かと言って、せっかくバイトで稼いだお金を脱毛サロンなどに通うために使いたくはないし、でも堂々とノースリーブを着られる自分でいたい、という想いから、ちょっと良い毛抜きを買って、伸びてきたら抜く、ということを繰り返していました。

パイナップル豆乳ローションプレミアム効果レポート

それまで気になっていた剃り跡や埋没毛など気にすることなく、安心して毎年ノースリーブが着られる夏を迎えておりました。しかも、抜く作業も結構楽しんでやっており、日々のチェックしておくことで、まとまった「脇毛の脱毛のための時間」を作らなくて良いのもメリットです。眉を整える感覚とでも言いましょうか。そのような感じで、お手入れの一貫としてやってきていました。

ところが今シーズンを迎え、思いも寄らない問題が、私の身に起こったのです。「老眼」です。日常生活でも、少々気にはなっていたのですが、まさか自分の脇を見るのに、対象が物であれば遠ざければ良いのですが、脇なので遠ざけることもできず、首を思いっきり離してみても、なかなかピントが合いません。困ったものです。また昔のようにカミソリでさっと剃る方法に戻るべきか、首を思いっきり傾けながら抜くべきか、まさかこのような悩みに遭遇するとは思わず、脱毛に意外な盲点があっただなんて思いも寄りませんでした。