エチケットとして、臭いケアは大事なもの

職場のモニタリングの際に、上司とこういう会話を交わしたのです。

職場内で利用者が身体からの臭いがしても、
言いにくいとおっしゃっていました。
(わたしが清潔にしている事で、話したものだと思います)

http://firstontarioshrimp.com/

上司から利用者への注意をするにも、からだや衣類から臭っていても一番言えないものとです。

私などもお仕事休みの日に
(毎日お風呂に入っているのだから今日くらいは面倒くさいから、入るのやめよう)と
思うことがあります。

臭いがすることが分かっていても、同じような繰り返しをすることがあります。

清潔な香りをさせることが大事ですが、そのためにも毎日の入浴を欠かさない事です。
女性が嫌なニオイを発する事も、いけないものです。

まして新陳代謝が激しい男性なども、うっかりしていたら臭いの元をつくってしまいます。
髪を洗うにもただ洗うのではなく、
指の腹でマッサージを行う様に下から上へとクルクルとします。
その様な方法で洗う事で、頭皮のニオイを防ぐ事ができます。

シャンプーを洗い流す際には、シャンプーが残らないようにすることも大事です。

人は誰しも他人から発する、ニオイがきついと嫌な感じがします。
また臭っていても、誰も言ってくれないと思っていた方がよいと思います。

臭いを人に感じさせないようにするには、
当たり前のことではありますが、一に入浴で
エチケットとして制汗剤の使用、汗拭きシートを手元にもっていることも大事です。

人に見えないところでするエチケット対策も、とても大切なものです。
それがトイレの中であったり、また机の位置で行ったりと場所はさまざまです。

汗だけならまだしも、汗が酸化する事でとても嫌なニオイを感じるのです。